過去幾つかの個人ブログをここに集約しました。今後頻繁ではありませんが、個人記事を投稿する場合はこちらに投稿していきます。サイドバーにはツイートも表示しており、こちらはより普段の日常を投稿しています。併せてどうぞ宜しくお願い致します。なお、feeltone musicのインフォメーション記事には【feeltone musicラベル】を付けて投稿しますので、インフォメーションのみご覧になられたい場合や、個人的な記事にご興味がない方はそちらからご覧ください。


2018年10月5日金曜日

半年前くらいにエレキの足下お手軽セットは完成したと思ったんですが、結局その後もちょこちょこ更新してまして、別に完成とか思わないでもいいやと気がつきました。2018年バージョンってことで。最近師匠がそんな記事を投稿されてて触発されました(笑)

このセットはコンパクトだけでやるぞと思って組んでいましたが、マルチに慣れている者にとっては当たり前の話で操作が大変なので、、コンセプトを曲げてBOSS MS-3を中心に考えることにしました。SEND/RETURNが3系統あることから、歪みやダイナミクス系だけ外部で空間系はMS-3で十分かなと。こういうマルチだとパッチが大量に作れるけど、あえて8つに絞るようにしました。(バンクを2つのみにする設定をして1+2や3+4同時踏みのどちらからでも同じバンクに移れることを狙って)これであの音どこやったっけ?とか悩まなくてもいいシンプルなセットが出来ました。
とはいえ色んな音は必要なときは必要なので、MS-3のプリセットボタンは1回踏むと任意のパラメータを変えられる仕組みにも出来るので、これを使って例えばクランチにトレモロをちょっとの間だけONとかが最小の操作かつ音切れなし(通常のパッチチェンジは残念ながら僅かに音切れします)で出来るように。それぞれの音色にあと一つあったらいいなというような音色をアサインすることで、8つのプリセット+αの使い方が出来て便利。これ設計した人エラいよ。
それに加えてエクスプレッションペダルをディレイ常時ONで掛かり具合を0〜任意の値まで可変出来るようにしたり、ソロの音は元々掛かってるので少しブースト出来る設定にしたり結構自由度が高くてこちらも便利。だけどBOSSのペダルはかかと側に遊びが多くて「踏み込んだらワウ」の設定にすると、ちょっとだけかかと側にしたつもりがOFFになってしまい、ここはちょっと不満。MS-3側の問題かペダルの個体差かと思ってRolandに問い合わせましたが、ペダル側がそういう仕様とのことでした。
書いてるうちにMS-3のレビューになってきましたね。やろうと思えば歪みやダイナミクス系も内蔵されてるので、一台で完結出来なくはないのですが、参加するバンドや会場の出音によって微調整が簡単にできたほうがいいので、クリーン、クランチ、歪みの3種類は別途コンパクトってことで落ち着きました。LINE6のHELIXはその点とっさの調整が演奏中でも出来るくらい簡単なので一台でも安心ですが、比較するとMS-3はコンパクトさ故の操作性なのでちょっとひと手間掛かってしまいます。
MS-3にSEND/RETURNで接続できるのは3系統なのでずいぶん悩みましたが、最終的にこうなりました。
緑のものは完全に同じ機種です(笑)One ControlのPersian Green Screamerは、側面に指ではギリギリ操作できないようなツマミがあり、これを切り替えると大きくキャラクターが変わり、当初クランチ用にいわゆるTS系として使うつもりでしたが、試しにもう一つのモードにしてみるとオーガニックでオープンなクリーン〜クランチの間くらいの美味しいところが出せるブースターに変身。相当悩んだ末同じ機種を入手することにしました。
赤い方は定番モデルですがJHSのAngry CharlieV3です。気持ちの良い歪みで自分にはDRIVEは中間くらいでも十分ですが、その気になればハードなやつでも行けそうです。これにする前はStrymonのRiver Sideを使ってました。これはもう歪み探しの旅は終わりやなと思うくらいしっくりきたのですが、デジタルでたまにある高周波のノイズが出るタイプで、一応EX-PROのノイズフィルターで解消は出来ますがデカいのと電力の消費が多くて、モバイルバッテリーで動かすと1ステージ持たないくらいだったのでアナログでローノイズなのを模索してました。お陰でこのセットだと手持ちの5000mAのものだと3〜4時間は持ちそうです。
どれもRolandのJC-120をEQ全て5にして及第点以上が出せるようにセッティングしたので、日本全国どこでも安心です。

2018年9月6日木曜日

最近、災害時のお知らせばかりになりますが、各地の台風および地震に遭われた方々には心よりお見舞い申し上げます。
さて、まず台風21号についての情報は当店事務所が大阪市内の被災地域だったこともあり発信が遅れましたが、当日のお客様への商品お届けは時間の遅延はあったものの、何とか当日中にお届けすることが出来たようです。運送会社の皆さまには頭が下がるばかりです。
また、本日の北海道方面の地震の影響は今のところ読めませんが、この影響で東北地方も含め輸送の増大が予想され、向こう2週間程度は予定通りの納品が出来ない可能性があります。該当するお客様には状況が判明次第お知らせいたします。
このような該当地域における直接の影響だけでなく、製造時には資材・用紙の仕入れなども含めますと全国各地の専門業者と協業して製造して参りますので、各地の被災状況や交通事情の変化によって製造スケジュールに影響する場合がございます。そのためしばらくの間、当店オプションの「納期短縮エクスプレスサービス」はご利用いただけない場合がございますので、お急ぎの場合は必ず事前にご相談ください。<村上喜洋>

2018年8月8日水曜日

縁あって初めて自分の演奏が全国ネットで流れています。朝日放送系列の夏の甲子園のダイジェスト番組「熱闘甲子園」の一部コーナーで嵐さんのテーマソング夏疾風のBGM版でソロギターなどを弾かせていただきました。
泣けるエピソードやインタビューとかのバックで掛かるようで、ピアノバージョンやギターバージョンなどがあり、毎日掛かる訳ではないのですが、本放送前にやってた8/4(土)の特番で元ヤンキースの松井さんと嵐の相葉さんとの対談のバックでもフライングで掛かっててびっくりというか光栄でした。

2018年6月18日月曜日

各報道でも伝えられている通り、大阪北部を震源とする地震の影響により、現在電話がつながりにくい状況となっております。本日午前中はこのままの状況の可能性もあることと、安否確認の通信を優先する観点から、本日は特に緊急でない場合はメールやWebフォームでのご連絡にご協力をお願い申し上げます。<村上喜洋>

2018年6月9日土曜日

そろそろ夏リリース案件のご相談が増えてきております。本年の工場夏期休業期間は8/13(月)〜16(木)となります。元々土日祝は工場休業日ですので、実質は8/11(土)から出荷や工場確認が必要なご相談は休業期間後の対応となります。
この時期に限った話ではありませんが、何かとギリギリになってしまいがちなレコーディングやデザイン制作ですが、慌ててお申し込みいただく際、こちらも可能な限りスケジュール対応いたしますが、工場の休業日だけはどうすることも出来ませんので、8月中にご発注を予定されているお客様は、あらかじめご注意くださいませ。<村上喜洋>

2018年6月6日水曜日

ほんまに今さらながら文字入力にATOKを使い出したらメール対応の仕事超はかどる!時を金で買った気分。ほんまに今さらやけど。

2018年5月27日日曜日


自宅で練習用に使ってるワウペダルを繋ぎっぱなしにしてあるのですが、ACアダプターをいちいち接続するのが面倒で、かといって電池を入れっぱなしだと消耗してしまうので、電源ミニスイッチを増設してと、こんなのをお願いしました。記事のペダルのは私のやつです。ACアダプター使用時にはスイッチをバイパスするそうエフェクターボードに入れるときなんかには便利です。ケーブル繋いで電源ONのタイプのエフェクターには結構需要ありそうな気がしますが、あまり一般的なモディファイでは無いそうです。¥3,000って結構安いと思うので感謝を込めて記事をシェア。