過去幾つかの個人ブログをここに集約しました。今後頻繁ではありませんが、個人記事を投稿する場合はこちらに投稿していきます。サイドバーにはツイートも表示しており、こちらはより普段の日常を投稿しています。併せてどうぞ宜しくお願い致します。なお、feeltone musicのインフォメーション記事には【feeltone musicラベル】を付けて投稿しますので、インフォメーションのみご覧になられたい場合や、個人的な記事にご興味がない方はそちらからご覧ください。


2018年6月18日月曜日

各報道でも伝えられている通り、大阪北部を震源とする地震の影響により、現在電話がつながりにくい状況となっております。本日午前中はこのままの状況の可能性もあることと、安否確認の通信を優先する観点から、本日は特に緊急でない場合はメールやWebフォームでのご連絡にご協力をお願い申し上げます。<村上喜洋>

2018年6月9日土曜日

そろそろ夏リリース案件のご相談が増えてきております。本年の工場夏期休業期間は8/13(月)〜16(木)となります。元々土日祝は工場休業日ですので、実質は8/11(土)から出荷や工場確認が必要なご相談は休業期間後の対応となります。
この時期に限った話ではありませんが、何かとギリギリになってしまいがちなレコーディングやデザイン制作ですが、慌ててお申し込みいただく際、こちらも可能な限りスケジュール対応いたしますが、工場の休業日だけはどうすることも出来ませんので、8月中にご発注を予定されているお客様は、あらかじめご注意くださいませ。<村上喜洋>

2018年6月6日水曜日

ほんまに今さらながら文字入力にATOKを使い出したらメール対応の仕事超はかどる!時を金で買った気分。ほんまに今さらやけど。

2018年5月27日日曜日


自宅で練習用に使ってるワウペダルを繋ぎっぱなしにしてあるのですが、ACアダプターをいちいち接続するのが面倒で、かといって電池を入れっぱなしだと消耗してしまうので、電源ミニスイッチを増設してと、こんなのをお願いしました。記事のペダルのは私のやつです。ACアダプター使用時にはスイッチをバイパスするそうエフェクターボードに入れるときなんかには便利です。ケーブル繋いで電源ONのタイプのエフェクターには結構需要ありそうな気がしますが、あまり一般的なモディファイでは無いそうです。¥3,000って結構安いと思うので感謝を込めて記事をシェア。

2018年5月21日月曜日

エレアコからの出力をマイク録り風にすることはライヴでアコギを弾く者全員が悩んだり諦めたり、苦労されていると思いますが、IRが解決してくれそうな気がしています。※まだ研究中なのでお聴かせ出来る音ネタはありません。
IRといっても音楽の話題なので「Impulse Response」の方ですが、前からギターアンプのキャビネットをキャプチャーするものという理解はありましたが、エレアコのピックアップをマイク録り風に再現するのにも使えるという情報もあり、ネットで調べてみてもまだ日本語ではほぼ情報がなく、海外でもごく少数しかありませんが、実際にいくつか海外のIRデータ販売サイトから仕入れてみたところ、設定によっては大いにアリでエレキのキャビネットキャプチャー並に可能性を秘めていると思いました。もしすでに実践している方とかいましたら情報交換しませんか?
これまでYAMAHAのAG Stompから始まり、これにINPUT GAIN調整がないことから、手前にLR Baggsのパラアコ繋いでみたり、ピックアップ自体を三木楽器のOVALや、FISHMANとかLR Baggsのコンデンサーマイク付きのタイプにしたり、あとZOOMのA3なんかも試してきましたが、どれも一長一短。ギターに最初からそんな装置が付いているYAMAHAのA3は十分良かったですがカスタマイズに限界があったり。。
今はLR BaggsのANTHEMでほぼ決定版だと思っていますが、バンドサウンドの中ではマイクバランスを下げざるを得ないので、ここにIRを入れたら現時点ではベストなんじゃないかなと思って、そしたら今までエレキ用に使ってたLINE6のHELIXでIRデータの読み込みに対応しているのを思い出して現在テストしています。

2018年4月4日水曜日

ご納品時の送料について、本年度より一部変更のお知らせです。

これまで本州1ヶ所分の送料は製造料金内に含んでおりましたが、昨今の各運送会社の値上げに伴い、工場の法人契約の見直しを余儀なくされており、一部サービス内容の変更が決定しました。

▼これまで
本州1ヶ所送料無料、および時間指定も「可能」

▼2018年4月以降〜
本州1ヶ所送料無料、ただし時間指定は「不可」
※時間指定ご希望の場合は、送料実費ご負担となります。

お客様への製造料金値上げを何とかせずに済む様、各所調整を行った結果このような内容にて変更させていただきます。

ライブハウスへ直接ご納品する際などは夕方以降の配送をご希望される場合があるかと思いますが、そのような対応が無料では行なえなくなる点はご不便をお掛けしますが、例えば1,000枚のうち900枚はお客様宅、100枚をライブハウスというような場合は、100枚分につきまして以前は本州内は¥700+税の分納送料でしたが、ここが実費送料となります。

業界全体の事情につき何卒ご理解いただければ幸いです。

なお、北海道・四国・九州・沖縄その他離島につきましても、これまで同様の追加料金をいただいた上で、本州の対応に倣い時間指定される場合は、実費送料ご負担となりますのでご了承くださいませ。
<村上喜洋>

2018年2月23日金曜日



お手軽セット最終形態!もうそろそろ入れ替えの度にオークションなどの梱包を手伝ってくれる妻に怒られそうなので当分イライません(関西弁)

結局一番最初に売りに出そうとしてたBlues DriverとAlpha Dogが最後まで残ったことになりますが、大物が最後にやってきました。Positive GridのBIAS DELAYですが、前からPC版では使ったこともあり、より小型で安いモデルのTwinも含め気にはなってたもののお手軽セットにはちょっと高くて圏外でしたが、今グループバイをやってて心揺れてたところに、たまたま楽天でグループバイ価格よりもさらに大幅に安い、値段の付け間違えかもしれないくらいの出物を発見し(購入後すぐにそのページは削除されました)、さらに安く買うために楽天カードに入会して大量のポイントを得る荒業まで使ってゲット。

さて、これDELAYペダルですが、ディレイと各種モジュレーションとブースターとコンプとリバーブが入ったマルチ的な感じで、やりようによってはディレイを使わない場合でも使えるのと、今時っぽくiPadなどでワイヤレス接続してリアルタイムに中身をいじれる仕様。譜面が必要な場合はiPadを使うので自分にはピッタリ。そんなデジタルなのに音はめっちゃ良い意味でオーソドックス。アナログ風な音が主体なのでとても扱いやすいです。

一番当初はコンパクトの歪みとディレイがあればいっかくらいのつもりでしたが、紆余曲折やりだしたら止まらない感じで、結局使いたい音は全部出せるようにしたくなり、最後の仕上げにOne ControlのTiger Lily Tremoloを繋いで完成!

これで、買ったばかりのコーラス、コンプ、ディレイ、ブースターのコンパクトは手放すことにしましたが、1つだけ残念なのは、BIAS DELAYを他のエフェクターと一緒の電源で使うとノイズが出てしまうので、もう1つモバイルバッテリーが必要になりました。とは言え通常の9vだけでなくUSB給電もできるので、お手軽さは何とか保ったままですが。

あとこのサイズに収めることにこだわったのは、またそのうち写真に撮りますが、電車移動が多いのでスーツケースのハンドルにセット出来るようにしたかったということもありました。